Top >> 低燃費車 >>  水素エンジン

水素エンジン

今の低燃費車のエンジンと言えば2つのパワーユニットを複合してつくられている複合パワーユニットエンジンの「ハイブリッドエンジン」が主流となっていますが、今開発途上になっているエンジンで「究極の無公害エンジン」と呼ばれるような低燃費とクリーンさをアピールしたエンジンが存在しています。

それこそが「水素エンジン」と呼ばれるエンジンでありますが、この水素エンジンはその名前の通り水素をエネルギーとするエンジンとなっており、これからの低燃費車の核となるとも言われています。水素は燃えても水にしかなりませんし、水素自体は二酸化炭素を発生しないので「究極の無公害エンジン」の異名を取るのも納得のエンジンになります。しかし今の段階では前述の通り開発途上であり、実用化にはまだまだ至っていません。

それからガソリンなどの石油と比べるとどうしても製造効率が劣ってしまうのですが、触媒があれば低音でも電気に変換することが出来るので損失が少なくてすむようになりますし、近い将来材料が高価である、開発がすすまないなどの課題をクリアすればガソリンエンジンに変わって低燃費の中心的存在になるのでは無いかとの見方もあるのがこの水素エンジンです。

低燃費車

関連エントリー

電気エンジン
水素エンジン
ハイブリッドエンジン
低燃費車のエンジン
iーMIEV
リーフ
インサイト
プリウス
日本の低燃費車
低燃費車