Top >> 低燃費車 >>  低燃費車のエンジン

低燃費車のエンジン

今の時代において、クルマに求められるものは「速さ」や「スピード」では無く、環境に配慮した「環境性能」、それから日常生活で役立てることが出来る「実用性」になりました。それからガソリン価格の高騰などの時代のバックグラウンドもあって、「燃費性能」と言うポイントにおいてもユーザーからクルマのメーカーに求められるようになったのです。

と言う訳で、日本のメーカーはそうしたクルマのユーザーからのニーズに応えるために低燃費車のエンジンを開発してきました。その種類はさまざまですが、プロトタイプとして開発されたのであればあの国民的アニメでおなじみのソーラーカーや、試験的に開発されることの多い水素エンジンがあります。

そして今の時代において実用化されている低燃費車のエンジンと言えば、まずは携帯電話のように電気の充電だけで走ることが出来て、二酸化炭素を出さないようにした電気エンジンがあります。ですがこれよりもメジャーで、今のクルマ業界の中心的存在を担っている存在のエンジンが「ハイブリッドエンジン」であり、エコカーをはじめとしてバスやトラックでも採用されるようになり、低燃費車のエンジンのリーダーとして時代を築き上げています。

低燃費車

関連エントリー

電気エンジン
水素エンジン
ハイブリッドエンジン
低燃費車のエンジン
iーMIEV
リーフ
インサイト
プリウス
日本の低燃費車
低燃費車