Top >> 低燃費車 >>  インサイト

インサイト

トヨタのプリウスとならんで、日本を代表する低燃費車の代表格であるハイブリッドカーといえばホンダのインサイトがあります。

このインサイトとプリウスはライバル関係と言う位置づけにあり、なにかと雑誌やメディアで比較されることの多い2台となっていますが、もともとのインサイトはそれまでに無かった斬新なデザインのハイブリッドカーとして登場しました。まず2ドアのクーペスタイルで登場し、リヤタイヤが半分隠れるようにカバーをつけて、それによって空気抵抗を減らすことが出来るようなデザインになっていました。

マイナーチェンジもされたこの初代インサイトでしたが、実用性の低さや値段の高さ、ガソリンの値段が今よりも安かったことからあまり販売は振るいませんでした。しかしそのインサイトも2代目になってからはヒットを飛ばすようになります。

まず初代から一変して5ドアのハッチバックボディになって実用性が格段にアップしたこと、ガソリン価格の高騰によるクルマ業界のハイブリッドカーや低燃費車への期待と開発費の投入などがあり、プリウスとならんでインサイトが日本の2大ハイブリッドカーの1台となったのも、こうしたクルマ業界の変化があったからでしょう。

低燃費車

関連エントリー

電気エンジン
水素エンジン
ハイブリッドエンジン
低燃費車のエンジン
iーMIEV
リーフ
インサイト
プリウス
日本の低燃費車
低燃費車