Top >> 低燃費車 >>  日本の低燃費車

日本の低燃費車

日本のクルマづくりは、人類ではじめてエンジンやクルマの開発をしていたヨーロッパ、それからクルマを大衆に広めることに成功したアメリカから見ても、もはや上の存在であると認められるほどになりました。事実、そのクルマの売り上げに関しては日本のいろいろなメーカーのクルマが世界中において高い評価を受けており、とくに品質に関してはヨーロッパやアメリカのクルマを振り切ってランキングトップにかがやいたこともあります。

そのようにかがやかしい実績を持っているのが日本のクルマづくりのテクノロジーですが、このテクノロジーは次世代のクルマづくりへと近年ではシフトされ、さらに海外との差を広げようとしています。それこそが日本が世界にほこる数々の低燃費車の存在であり、世界中においてエコロジーであるとか、燃費の向上という問題が叫ばれる中、ものづくりに特化した日本においてそうした低燃費車をつくりあげて世界に発信すると言うことはまさに成功への道になりました。

代表的なのが世界中でも有名なトヨタのプリウス、それからホンダのインサイトが日本の低燃費車として世界中で知られていますし、電気100パーセントのエンジンの実用化と普及も成功しました。

低燃費車

関連エントリー

電気エンジン
水素エンジン
ハイブリッドエンジン
低燃費車のエンジン
iーMIEV
リーフ
インサイト
プリウス
日本の低燃費車
低燃費車