Top >> 低燃費車 >>  低燃費車

低燃費車

エコロジー、そして低燃費と、環境汚染の深刻化や環境破壊問題において、電化製品やクルマ、バイクなどにそうしたニーズがもとめられる時代となったのは何年も前のことでした。そうしたことがきっかけとなって、クルマのメーカーにおいても新しいエコロジーや低燃費のクルマの時代への取り組みがされるようになるのは必然的なことであったと言えるでしょう。

その結果として現在ではいくつものメーカーがそうした低燃費車を発売するようになって、それが世界のクルマ市場の中枢を担うジャンルのひとつとして知られるようになりました。とくに日本のハイブリッドカーであるトヨタのプリウスは世界中で大ヒットしている低燃費車として知られていますし、ホンダのインサイトも「世界一の低燃費のクルマ」を目指してホンダが開発して来ました。

また今ではそうしたハイブリッドエンジンだけが低燃費車のエンジンとはかぎりません。電気だけで走ることの出来る100パーセントの電気自動車が三菱や日産から発売されていますし、水素を利用して走ることが出来る水素自動車もマツダのロータリーエンジンに組み込まれたりしており、次世代を担うクルマの開発にクルマのメーカーは余念がありません。

低燃費車

関連エントリー

電気エンジン
水素エンジン
ハイブリッドエンジン
低燃費車のエンジン
iーMIEV
リーフ
インサイト
プリウス
日本の低燃費車
低燃費車