Top >> グリーン化税制 >>  増税対象車について

増税対象車について

グリーン化税制の増税対象車は、基本的にグリーン化税制の減税対象車の反対と考えて良いでしょう。故に、注意していないと増税することになりますので注意してください。


グリーン化税制の増税対象車は、ガソリン(ハイブリットを除く)とLPG車、それにディーゼル車が増税対象の車となっています。そして、その中でもガソリンとLPG車は13年、ディーゼル車は11年を経過している自動車が対象になるでしょう。この期間と車種が該当している場合は、増税対象になりますね。ただし、バスやトレーラーなどの自動車は該当外となります。


上記で説明したような自動車は、環境を大きく悪くしている温室効果ガスや大気汚染物質を出しているためグリーン化税制により増税にされています。しかも、古ければ古いほどその悪い物質を出す量が多くなっているため危険視されていますので、出来れば新しい自動車を乗ることをオススメしますね。新しい自動車を使えば、最低でも昔の自動車よりも環境を良くすることが出来るでしょう。


このようにグリーン化税制の増税対象車があります。新しい自動車なら問題は無いでしょうが、古い自動車を所有している人は注意しておいた方が良いでしょうね。出来るだけ環境に優しい自動車に乗ってください。

グリーン化税制

関連エントリー

グリーン化税制とエコカー減税を上手く使う
増税の期間について
増税対象外について
増税になる自動車の確認方法
対象となる車
増税への対処について
増税対象車について
グリーン化税制の増税について
減税対象車について
グリーン化税制について