Top >> グリーン化税制 >>  グリーン化税制の増税について

グリーン化税制の増税について

グリーン化税制は、減税だけではありません。グリーン化税制は、増税対象を出すことがあるので注意してください。


グリーン化税制は、電気自動車などのクリーンな自動車に対して、一定期間減税をしてくれる制度ですが、これには裏があります。それが、増税対象の自動車ですね。これの対象になる自動車を持っている場合、自動車税が大体10%増えます。故に、増税対象にならないように注意してくださいね。


基本的に増税対象になるのは、グリーン化税制における減税対象車の逆に位置する自動車が対象です。だから、排気量が一定以上であることが前提となっていますね。しかし、これだけで増税になるわけではありません。もう一つ該当しないと増税にならないでしょう。それが自動車の新規登録時から一定年数経過しているかです。ガソリン車などなら13年くらいまえに購入した場合対象になるでしょう。そして、ディーゼル車は11年で対象内になりますので注意してください。ただし、一部該当外の自動車があるので注意しましょう。


このように、グリーン化税制の増税があります。これに該当する自動車を持っている場合は注意しておいた方が良いですね。基本的に登録が抹消されない限り出てくる増税なので注意してください。

グリーン化税制

関連エントリー

グリーン化税制とエコカー減税を上手く使う
増税の期間について
増税対象外について
増税になる自動車の確認方法
対象となる車
増税への対処について
増税対象車について
グリーン化税制の増税について
減税対象車について
グリーン化税制について