Top >> エコカーライフ >>  エコカー減税について

エコカー減税について

2009年4月にエコカー減税がスタートしました。そもそも自動車を購入する際には自動車取得税と重量税というものが課せられます。自動車取得税とは取得価格(購入金額)×税率という計算方法になり現在のところ自家用自動車で5%、営業用自動車や軽自動車で3%となっています。それらを低公害車いわゆるエコカーに関してはその中でも排出ガス基準と燃費基準という二通りの基準仕分けをしてそれぞれの減税率が定められているということになります。

 あまりにも難しい説明すぎて理解しにくいかもしれませんが、簡単に言ってしまえば環境にいい車を購入してくれる人にはその車がいかに環境によく造られているかに応じて税率を低くして購入時の負担を軽減してあげますよという内容です。

 新車の購入を検討する人にとってはエコカーは購入時の負担は少々大きくなるものの長い目で見れば燃費などの面からみても自分の懐にもやさしい車ということができるでしょうし、通常のガソリン車を購入するより税率も安くなるとあれば検討する方も多くなるのではないでしょうか。

 5%や3%と聞くとわずかな金額に感じるかもしれませんがもともと対象となる商品が高額ですからそれらの減税は大きく響いてくるでしょう。

エコカーライフ

関連エントリー

購入を検討するかどうか
エコカーの注意点
エコカーのデメリット
エコカーのメリット
エコカーの種類
エコカー補助金について
エコカー減税について
エコカーの普及状況
知っておきたい大気汚染
エコカーライフについて