Top >> エコカーライフ >>  エコカーの普及状況

エコカーの普及状況

環境によい自動車として開発・販売され始めたエコカーではありますが現実的にはガソリン車以上に車体本体は高額でいくらエコだとわかってはいてもなかなか手を伸ばしにくいところに位置する車といっても過言ではないでしょう。いくらエコを志して開発が進んでいっても需要が伴わなければ利用者がその良さを実感・体感することもできず、ましてや普及率も伸びないのではないでしょうか。

 そのような中で対策として設けられたのがエコカー補助金やエコカー減税などの購入支援対策です。未だ高額であることを避けることができない車両価格の値下げが見込めない間の一時的な対策として購入車に購入時の負担を支援することで普及率アップを目指そうという対策ですね。環境に良い車を乗ることは地球にそして私たち人間にとって重要なことでもありますし、エコカーはエコなだけでなく燃費という面からも私たちに大変やさしい自動車であるといえるためこの普及率を伸ばしたいというのが目的なのでしょう。

 実際のところ、これらの補助金制度や減税制度が実施されていた期間中のエコカーの販売率は増加傾向にあったといわれていますしエコカー自体も徐々にではありますが我々の生活にも浸透してきつつあると言った状況ではないでしょうか。

エコカーライフ

関連エントリー

購入を検討するかどうか
エコカーの注意点
エコカーのデメリット
エコカーのメリット
エコカーの種類
エコカー補助金について
エコカー減税について
エコカーの普及状況
知っておきたい大気汚染
エコカーライフについて