Top >> ハリアー >>  北米で大ヒット

北米で大ヒット

トヨタのハリアーは、それまでのSUVの常識をくつがえすほどの静かさと、乗り心地のよさを実現しています。それによって、「乗用車ベースのラグジュアリーSUV」と、さらに北米市場では「高級クロスオーバーSUV」という、新たなジャンルを確立しました。ほかのメーカーもこぞってその市場に参入してくるなど、自動車業界における功績は、大きなものとなりました。

この評価に繋がった、静かさや乗り心地の良さなどを、実現することが出来たのにはヒミツがありました。それは、同じトヨタのセダンである「カムリ」の車台をベースにして、さらに徹底的に追求したからです。

それまでは、乗り心地の悪さや、走行時のエンジン音、振動が激しさなど、ユーザーの不満を買うこともすくなくなかったのです。それを一気に解消したこのハリアーは、日本国内よりも北米において大ヒットを遂げることになり、初代が生産されていた5年間だけでも、およそ37万台を売り上げることに成功たのです。

ハリアー

関連エントリー

いろいろなグレード
レクサス RX
豪華な装備
ハリアーの歴史
北米で大ヒット
新たな自動車のジャンルを確立
静かさと乗り心地のよさ
海外向けのブランド
乗用車ベースのラグジュアリーSUV
トヨタ ハリアー