Top >> ハリアー >>  乗用車ベースのラグジュアリーSUV

乗用車ベースのラグジュアリーSUV

トヨタから発売された、新たなSUVであるハリアーは日本国内と、北米において発売されていました。まずは、国内から販売が開始され、その後に仕様変更をくわえられるかたちで九州で生産されます。名前を「RX」として、レクサスブランドからアメリカに輸出されることになりました。

さて、そんな日本のハリアーは、カムリの車体をベースにして開発が進められています。
エンジンは、2200ccか3000ccを、ラインナップから選ぶことが出来ました。イメージキャラクターには、ライオンの頭を持っている紳士である獣人がイメージされており、「WILD but FORMAL」のキャッチコピーが印象的なものになっています。

それまでのSUVには、エンジンの音が大きいと言うことや、乗り心地が悪くなりがちだと言うことがありましたが、トヨタはそんな問題点を解消したのです。結果、新しいジャンルである「乗用車ベースのラグジュアリーSUV」を打ち出し、北米を中心に大ヒットしたのです。

ハリアー

関連エントリー

いろいろなグレード
レクサス RX
豪華な装備
ハリアーの歴史
北米で大ヒット
新たな自動車のジャンルを確立
静かさと乗り心地のよさ
海外向けのブランド
乗用車ベースのラグジュアリーSUV
トヨタ ハリアー