Top >> 知っておきたいキーワード >>  ハイブリッドの種類 プラグ・イン・ハイブリッド

ハイブリッドの種類 プラグ・イン・ハイブリッド

2012年に入って日本で発売され話題を呼んだのがトヨタのプリウスPHVです。PHVは、プラグ・イン・ハイブリッドの略。プラグ・インとは「プラグを差し込む」、つまり直接、家庭用電源などのコンセントに差し込むことで直接バッテリーに充電が可能という意味です。 

 

これまでのハイブリッド車に比べて電気のみで走行できる距離が延びたことで、近距離では電気自動車として、長距離走行にはガソリンエンジンと併用したハイブリッド車として走行することが可能になったものです。

 

その燃費は、トヨタの公式サイトによれば、JC08モードで57.2km/L~61.0km/Lと、プリウスと比べても飛躍的に燃費が向上しています。また、カタログ値では充電満タンで26kmは電気のみでの走行が可能で、近場での使用であればほとんどガソリンを使わずに済む性能を持ち、また時速も100kmまで出せるとのこと。家庭に専用の充電設備を設置する必要がありますが、自宅での充電もAC200Vの場合は90分程度、AC100Vの場合も180分で済むというのも魅力で、実際の生活での使用が現実的になってきました。まだまだプラグ・イン・ハイブリッドが一般的と言える状況ではなく自動車としても発展途上ではありますが、自動車の新しい使用スタイルを具体的に提案する自動車だと言えるかもしれません。トヨタ以外にも、三菱自動車、ゼネラルモーターズ、BYDなどがプラグ・イン・ハイブリッド車の開発を進めており、その他のエコカーとの競争の中でどこまで普及をしていくのか今後の展開が注目されます。

知っておきたいキーワード

関連エントリー

回生ブレーキ
JC08モード
10・15モード
ハイブリッドの種類 プラグ・イン・ハイブリッド
ハイブリッドの種類 シリーズ・パラレルハイブリッド
ハイブリッドの種類 パラレルハイブリッド
ハイブリッドの種類 シリーズハイブリッド