Top >> 四輪駆動車 >>  流通

流通

ハイブリッドカーは、燃費や「エコカー減税」などで一躍有名になりましたが、四輪駆動車は現在も、あまり市場には出回っていないのが現状です。特に中古車の市場になると、流通量は圧倒的に少なくなってしまうこともあり、なかなかオークションなどで購入しようと思っても、難しいのが現状です。


ハイブリッドの四輪駆動のニーズ自体が寒冷地を中心としてしまっているため、業務用で特殊なケースを除いて、一般の人が東京など関東近郊で購入する機会があまりないためでしょう。四輪駆動のメリットとしては、やはり走行時の安定性、砂道など路面が悪いところでの力強い走行ですが、馬力だけを考えると従来のガソリン車やディーゼルエンジンに勝ることがハイブリッドでは難しいため、これもニーズとかけ離れてしまうというところがあります。


ただし、今後、世界的にみてもガソリン車を中心とした車の市場が省エネの方向に進んでいるため、ハイブリッド、電気自動車の普及はますます進む傾向にあるといっても問題はないはずです。普段、それほど長距離のドライブをしない人であれば、あまり意識することはありませんが、長期的にみると燃料代ということを考えてもかなりコストが違うので、一度、その視点で考えてみてもいいのではないでしょうか。




四輪駆動車

関連エントリー

流通
軽自動車のハイブリッド四輪駆動
国内メーカー
ハイブリッド四駆の寒冷地での注意点
ハイブリッド四輪駆動車の燃費