Top >> 四輪駆動車 >>  軽自動車のハイブリッド四輪駆動

軽自動車のハイブリッド四輪駆動

市場では、寒冷地を中心にしかニーズがないため、あまり出回っていないハイブリッドの四輪駆動車。どちらかといえば、完全に電気自動車としての軽自動車であれば、今後、市場のニーズも高まりそうですが、軽自動車ということ自体が「なるべく自動車に対するコストを抑えたい」という消費者の思惑があるためか、市場の伸びがほかのハイブリッドカーに比べて、それほどでもないことが特徴です。


もちろん、軽自動車のハイブリッド四輪駆動時代は、「スズキ」の「ツイン」などが登場していることを考えると、まったくないわけではないのですが、どうしてもハイブリッドにさらに四輪駆動にしてしまうと、新車で購入するときの本体価格がガソリン車の普通乗用車並みになってしまうこともあり、なかなか現実的には市場でメインとして販売されることが難しい現状があるのではないでしょうか。ですが、北海道や東北など冬には必ず積雪するため、これらの寒冷地では走行のことを考えるとどうしても、「四輪駆動でないといやだ」というニーズは現実的にあります。それらのことを考えると、さらに本体価格を抑えられるような車が登場すれば、市場規模が十分に拡大する可能性はあるはずです。




四輪駆動車

関連エントリー

流通
軽自動車のハイブリッド四輪駆動
国内メーカー
ハイブリッド四駆の寒冷地での注意点
ハイブリッド四輪駆動車の燃費