Top >> 四輪駆動車 >>  国内メーカー

国内メーカー

ハイブリッド四輪駆動の国内メーカーには、トヨタをはじめとして、スズキ、三菱、レクサス、ホンダ、ダイハツ、マツダなど各自動車メーカーで登場するようになってきました。この背景には近年注目されている自動車、家電などの「省エネルギー」をテーマとした開発の傾向もさることながら、埋蔵されている化石燃料である石油の欠乏などが一つのテーマになっており、自動車が主要産業となっている日本のメーカーとしては、かなり力を入れている分野といえます。


一般的に大型車になれば、安定性を増すために四輪駆動が取り入れられることがありますが、その分だけ消費電力や燃料も多くなるため、通常の二輪駆動の自動車よりも技術的に高い水準が要求されるはずです。ですが、価格帯自体は、二輪駆動と比較してもガソリン車とそれほど変わらないくらいの価格のアップなので、消費者としても十分に選択の一つとして考えることができるといえるのではないでしょうか。四駆モードの燃費もガソリン車に比べて、ガソリン1リットルあたり5キロ前後違うので、長い目で見れば、経済的負担を減らすことができるという、購入する消費者にも大きなメリットがあることが特徴です。ぜひ、購入のときは各メーカーで特徴を比較してみるとよいでしょう。




四輪駆動車

関連エントリー

流通
軽自動車のハイブリッド四輪駆動
国内メーカー
ハイブリッド四駆の寒冷地での注意点
ハイブリッド四輪駆動車の燃費