Top >> 四輪駆動車 >>  ハイブリッド四駆の寒冷地での注意点

ハイブリッド四駆の寒冷地での注意点

北海道や東北、北陸地方などいわゆる「豪雪地帯」などの寒冷地では、近年注目されている「ハイブリッド四輪駆動」の自動車ですが注意点があります。寒冷地といえば、冬も普段の生活の「足」として同じ四輪駆動を乗り続けるのであれば、当然、冬場の対策を講じなければならないことになります。北海道などの雪国の出身でない人であればあまりなじみがないかもしれませんが、雪が降る豪雪地帯ですと、FF、FRなどの二輪駆動であれば、当然ながらスリップしたときの立て直しなどが難しく、交通事故になる確率が高いことでも知られます。


そのため、ハイブリッド自動車を乗ろうと思うと、このような寒冷地では当然ながら、自然と普段使用する車の場合、これらの地域の人の選択肢は四輪駆動になるのですが、そのようなとき「ハイブリッドの電力の起動」や「燃費」についても通常の寒暖のあまり激しくない地域でとられた統計をそのまま信じることができません。寒冷地では、一般的にバッテリーを代表されるように電力を充電する機能が弱くなるため、これと同様に電気自動車と組み合わせたハイブリッドの機能も弱くなることになります。この意識を十分に持って、購入のときによくカーディーラーに確認してみるとよいでしょう。




四輪駆動車

関連エントリー

流通
軽自動車のハイブリッド四輪駆動
国内メーカー
ハイブリッド四駆の寒冷地での注意点
ハイブリッド四輪駆動車の燃費