Top >> 日本のハイブリッドカー >>  アクア

アクア

愛知県に本社を構えているトヨタ自動車は世界でもトップの座に君臨しているクルマメーカーであり、生産台数が世界一になったこともあります。そんなトヨタ自動車においてはいろいろなグループ企業を持ち、ダイハツやスバルなどとも業務提携をしているほか、幅広いニーズにこたえるべくミニバンから小型車までオールマイティに手がけるクルマメーカーになります。

もちろん今話題のハイブリッドカー部門においてもトヨタ自動車はプリウスをはじめとしてトップの座に君臨していますが、コンパクトカー部門のハイブリッドカーとして登場したクルマと言えば「アクア」があります。アクアはプリウスよりも小さいクルマのハイブリッドカーが欲しいと言う顧客のニーズにこたえるべく、ならばコンパクトカーでハイブリッドカーをつくろうではないかと言うことで登場したクルマになります。

2011年に登場したアクアですが、トヨタ自動車のブランド性やスモールハイブリッドの予告、そして北米では「プリウスC」と言う名前で発売されていることもあって一気に現在のコンパクトカーの主流車種へと上り詰めていきました。そんなプリウスの弟分のようなイメージを持たれていることも人気の秘訣です。

日本のハイブリッドカー

関連エントリー

リーフ
CR-Z
フリードハイブリッド
フィットハイブリッド
インサイト
SAI
エスティマハイブリッド
アクア
プリウス
日本のハイブリッドカー