Top >> ハイブリッド車ってどんなもの? >>  ハイブリッド車の販売台数

ハイブリッド車の販売台数

日本自動車販売協会連合会が発表した2011年の新車販売台数のトップ3をご存じですか?1位はトヨタのプリウスで約25万台。なんと3年連続トップ。2位は、ホンダの小型車フィットで約20万台。フィットは、その半数がハイブリッドモデルだと言われていますから、上位の2種だけで年間およそ35万台のハイブリッド車の新車が販売されています。同年の国内の新車販売代位数は約421万台とのことですから、ハイブリッド車がどれだけ支持を集めているかがよく分かります。特に、プリウスが3年連続で1位、20115月に発売されたワゴンタイプのハイブリッド車プリウスαが支持を集めているとのことで、人気の高さを伺い知ることができます。

 

また、20113月のトヨタのプレスリリースによれば、1997年のプリウス発売以来、全世界でのトヨタのハイブリッド車の累計販売台数が300万台を超えました。20098月に200万台を突破とありますから、その後1年半で100万台を販売していることになり、その伸び率の高さがよく分かります。

 

ホンダは、1999年にインサイトを発売してから、2011年末でホンダのハイブリッド車の累計販売台数が80万台を超えたと発表。そのうち50万台はここ3年ほどの間で販売されたとのことですから、今、いかにハイブリッド車が新車の販売市場の中で主流になっているかが分かります。また同年12月のホンダの登録車の実に45%がハイブリッド車であったとありますから、新車の約2台に1台がハイブリッド車という時代になっていると言えるでしょう。

ハイブリッド車ってどんなもの?

関連エントリー

中古のハイブリッド車
ハイブリッド車の販売台数
ハイブリッドのデメリット
どんな車があるのかな?
「環境にやさしい」と言われるのは、なぜ?
燃費がいいって、どれくらい?
減税や補助金がもらえるって聞いたけど?
価格帯は?
なぜ、ハイブリッド車が注目される?