Top >> ハイブリッド車ってどんなもの? >>  燃費がいいって、どれくらい?

燃費がいいって、どれくらい?

ハイブリッド車の燃費がいいというのは良く聞く話ですが、いったいどれくらい燃費がよいのでしょうか。燃費というのは、ガソリン1Lで何kmを走ることができるかという車の性能を表したものです。その数値が高いほど、同じ量の燃料でたくさん走ることができ、燃料的にもお金の面でも経済的だということができます。

 

数字を見ていくその前に、燃費の表示について、いくつかの測定法があることをご存知ですか?1015モードと、JC08モードです。現在、1015モードでの測定値の表示が中心的ですが、測定する際のスピードが一般的な公道より低いといった実際の使用と離れた条件であるためカタログ上の値と実際の燃費の差が大きいという指摘がありました。それを受けて、新しく登場したのがJC08モードです。JC08モードでは、より実際の走行パターンに近い測定法がとられています。ですので、ほとんどの車がJC08モードでの計測値の方が低い値が出ています。

 

では、ハイブリッド車の代表格であるトヨタ・プリウスの公式ホームページをのぞいてみましょう。プリウスの燃費は、1015モードで35.538.0km/LJC08モードで30.432.6km/Lとなっています。同じく、トヨタの有名なセダンであるカローラの燃費は、1015モードで15.620.0km/Lです。同じ量のガソリンで、プリウスはカローラのおよそ倍の距離を走ることができる性能を持っていることが分かります。

 

しかし、ハイブリッド車であればどれもがプリウスと同じような燃費性能を持っているというわけではないようです。同じくトヨタのクラウンのハイブリッドタイプの燃費は1015モードで15.4km/LJC08モードで14.0km/Lです。これではカローラとあまり変わりません。このようにハイブリッド車であればエコで燃費がよいというわけではなく、燃費は車の排気量、ボディの重さ等によっても変わること、また運転手の運転の仕方によっても大きく変わることは覚えておきたいですね。

ハイブリッド車ってどんなもの?

関連エントリー

中古のハイブリッド車
ハイブリッド車の販売台数
ハイブリッドのデメリット
どんな車があるのかな?
「環境にやさしい」と言われるのは、なぜ?
燃費がいいって、どれくらい?
減税や補助金がもらえるって聞いたけど?
価格帯は?
なぜ、ハイブリッド車が注目される?